気になる部分をナチュラルにカバーしてすっぴん美肌に♪

雪肌精CCクリームと米肌CCクリームのパッケージデザインの比較

 

しっかりメイクになりがちなBBクリームに対して、よりナチュラルな仕上がりになるCCクリームが、最近人気になってきていますよね♪カバー力はやや落ちるものの、厚塗り感がなく自然な透明感をつくることができるんです。

 

コーセーさんからも、いくつかのブランドからCCクリームが展開されていますが、中でも人気の米肌と雪肌精のCCクリームを色々比べてみました〜☆

 

 

米肌CC

米肌澄肌CCクリーム

雪肌精CC

雪肌精CCクリームのチューブデザイン全景

価格(税抜)

3500円

オープン価格

内容量

30ml

30ml

主な機能

化粧下地,日焼け止め

ファンデーション,クリーム

フェイスパウダー

化粧下地,日焼け止め

ファンデーション,クリーム

美容液,乳液

主な特徴

弱酸性,無香料

鉱物油フリー

タール色素フリー

パラペンフリー

-

鉱物油フリー

-

-

UVカット性能

SPF 50+

PA++++

SPF 50+

PA++++

使用感・効果

サラサラな肌触り

透き通るような透明肌

紫外線完全カット

みずみずしいタッチ

素肌っぽいすっぴんメイク

モダンフローラルな香り

販売店

公式サイトのみ

通販,店舗

当サイトレビュー

レビューはこちら

-

キャンペーンサイト

詳細はこちら

-

 

雪肌精CCクリームを手の甲にとってテクスチャを確かめる

 

どちらも美白ケアラインのベースメイクアイテムだけあって、SPF50+・PA++++という最高水準のUVカット性能が備わっているのは心強いですね〜♪

 

また、雪肌精CCクリームについてはオープン価格のため、各ドラッグストアや通販サイトによって若干の差があるのですが、米肌よりもやや低い価格設定となっています。その分、弱酸性・無香料やパラベンフリーといった表記がなく、肌にとっては少し負担があのかもしれません。

 

雪肌精ならではの、優しい和漢エキスの香りが漂います〜♪

雪肌精CCクリームのキャップを空けてワンプッシュした様子

 

雪肌精CCクリームには、2色の色味が展開されているのですが、私は普通の明るさの肌色を選びました。キャップを取ると、和漢エキスの優しいフローラルな香りがフワッと漂います♪

 

肌に乗せた後の伸びもすごく良くて、顔全体に使うのには半プッシュで十分ですね。カバー力はそこそこという感じですが、薄く乗せるだけでパッとワントーン明るい肌に変わります☆

 

雪肌精CCクリーム使用前と使用後の仕上がりの違い

 

日焼け止めによくある、特有のキシキシ感もなく軽い付け心地ですね。表面の仕上がりはサラッとしているのに、内側はしっとり潤ってくれている感覚☆

 

ただ、私の肌質もあると思うのですが、汗をかくと少し落ちやすく、午後になってからのTゾーンの崩れや鼻の毛穴落ちが個人的には気になりました。

 

私の米肌CCクリーム体験はこちら

 

どちらもサッとひと塗りで透明感のあるすっぴん美肌に〜♪

雪肌精CCクリームと米肌CCクリームの付け心地の違い

 

どちらも伸びが良くて、薄く全体に伸ばすだけでナチュラルな透明感が生まれます。しっかりとした厚塗り感のある仕上がりではなく、自然なすっぴん風のメイクを好まれる方にはぴったりだと思いますね☆

 

どちらかと言えば、米肌の方が肌により馴染みやすく、白浮きや毛穴落ちを感じることがありませんでした。私のように敏感肌で、毛穴が少し気になる方などは、米肌の方が安心して使えるのかなと思います♪

 

トップページへ